補助錠

補助錠とは、主錠の他にもう1つカギがあり、防犯性を高める目的で付けられた補助のカギの事です。
複数の錠前を付けることにより、バール等のこじ開けに対する耐久力や、外からの見た目的にも防犯性が高まります。
1つより2つの方が、解錠に時間がかかるのは当然なので、スピードを重視する空巣・泥棒を防ぐのに効果的です。今や玄関の扉・窓には1ドア2ロックが常識と言えます。

玄関

玄関のガラスを割っても、あるいは郵便受けに手を突っ込んでも、手の届かない位置に補助鍵をつけましょう。扉の上部や下部など、メインの鍵と離れた場所に設置するのが効果的です。

防犯対策の一つとして、台所やトイレ、風呂場などの小窓に補助鍵をつけるのも重要です。鍵の無い 補助錠 では、ガラスを割られてしまうと簡単に外されてしまいます。 鍵付きの補助錠にすることで、泥棒が侵入をするのに手間がかかるような対策をとりましょう。また、防犯ブザーと併用するとさらに効果的です。

補助鍵は泥棒に不自然な姿勢をとらせる位置、手の届きにくい位置、外から見えにくい位置に取り付けることが重要です。

補助錠料金はコチラ補助錠商品はコチラ

△ページトップへ

ご相談はこちらから カギの交換・防犯の必要があれば、何か疑問・ご相談があったら、フリーダイヤル0120-00-6666までお気軽にご相談下さい。(携帯/PHSからも可 24時間・年中無休)